三高 いじめ防止基本方針3kou ijime taisaku

学校いじめ防止基本方針

1 いじめ防止等に関する基本的な考え


いじめは,いじめを受けた生徒の心身の健全な成長及び人格の形成に重大な影響を与えるのみならず,その生命や心身に重大な危険を生じさせるものである。 本校は,本校生徒の尊厳と生命・心身の安全を保持するため,全教職員が一致協力するとともに,地域,家庭,関係機関と連携の下,「いじめは人間として絶対に許されない」との雰囲気を学校全体に醸成し,いじめの防止等(いじめの防止,いじめの早期発見及びいじめの対処をいう。以下同じ)の対策を行う。

2 いじめ問題対策委員会の設置


本校に,いじめの防止等に関する措置を実効的に行うため,「いじめ問題対策委員会」(資料1−1,資料1−2)を設置する。 本対策委員会は,学校いじめ防止基本方針に基づく取組の実施や,具体的な年間計画の作成・実行・検証・修正を行い,加えて,いじめの相談・通報の窓口としての役割や,いじめの疑いに関する情報の収集と記録,共有などを行い,学校が組織的にいじめの問題に取り組むに当たって中核となる役割を担う。

3 いじめの防止等に関する取り組み


(1)いじめの防止
@ いじめに対する共通理解
職員全員のいじめの問題に対する取組の徹底を図るため,いじめの態様や特質,原因・背景,具体的な指導上の留意点などについて,校内研修や職員会議により共通理解を図る。
  • いじめの防止等に対する取り組み状況等についてチェックリスト(資料2−1,資料2−2)を作成し,計画的に点検を実施し,その結果を共有するなどして共通理解を図る。
  • 校長や教職員は,全校集会や学級活動などで,日常的にいじめの問題に触れ,「いじめは人間として絶対に許されない」という,いじめを許容しない雰囲気を学校全体に醸成し,生徒のいじめ未然防止への意識を高める。

A 生徒指導の充実
  • 生徒をいじめに向かわせないための指導の基本は,「居場所づくり」や「絆づくり」である。生徒のコミュニケーション能力を育み,規律正しい態度で授業や行事に主体的に参加・活躍できるような授業づくりや集団づくりを行う。
  • 生徒指導の三機能(自己存在感,共感的な人間関係の育成,自己決定の場を与える)を生かして,集団の一員としての自覚や自信を育み,互いを認め合える人間関係・学校風土をつくることで,生徒一人一人に自己有用感や自己肯定感を育む。

(2)いじめの早期発見
@ いじめの認知(資料3)
  • いじめは,気付きにくく判断しにくい形で行われることが多いことを認識し,日頃から生徒の見守りや信頼関係の構築等に努め,生徒が示すささいな変化や危険信号をも見逃さないようアンテナを高く保つよう努める。







宮城県仙台第三高等学校

〒983-0824
仙台市宮城野区鶴ケ谷1丁目19番地

TEL 022-251-1246
FAX 022-251-1247